貯金箱

インベスター・ネットワークス株式会社は株価をうなぎ登りにする!

判定方法を知ろう

株価を計算しよう

電卓

株式投資をはじめると一つの疑問が湧いてきます。それは今の株価が割安なのか割高なのかということです。株価を割安か割高かということを判定するにはいろいろな方法があります。PBRに根拠を求めたり、PERに根拠を求めたり、人によって様々です。最近ではROEという指標を聞く機会が増えています。株価は株式投資をする際に重要となるだけでなく、企業が買収を行う際や相続をする際にも登場します。これらのケースで行われる株価算定の代表的な方法に、DCF法や収益還元法というものがあります。これらの株価算定方法を知っておけば、株式投資をする際の1つの参考資料となります。上場企業がTOBをかける際にはこれらの株価算定法を利用した買収価格を発表しているので1度読んでみましょう。

DCF法を理解しよう

株価算定方法として最もポピュラーなものがDCF法です。DCF法とは、その企業が将来生み出すキャッシュを現在価値に割り戻して株価を算定しようとするものです。割引率をどれくらいにするのか、将来得られる期待キャッシュをどれくらいにするのかで、求められる株価は大きく変わってきます。将来キャッシュを多く見積、割引率を小さくすれば、株価は高くなります。もしも、株式投資に利用しようとするのであれば、一般的にどれくらいの割引率が使われているのか、将来キャッシュフローはどのように見積もるのかということをしっかりと確認しておきましょう。厳しく見積もれば株価は低くなりますが、あまり厳しく見積もりすぎると投資機会を失う場合もあります。